土砂降りのことと10素材雲形の事件について勉強した

豪雨などについて習得しました。豪雨の一番書類は、1982年7月収23お日様に長崎県内で1時間に187mm降った場合だ。次は、雲の部類(10マテリアル雲形)についてだ。積乱雲(雷雲)は、雄大な積雲が二度と発達してできます。雷や突風、手強いにわか雨やスノーをともないます。巻層雲(うす雲)は、前線や低気圧が近づいています。明日は豪雨のお日様が多いです。高層雲(おぼろ雲)は、近いうちにしょうもない豪雨かスノーが降ります。乱層雲(雨雲)は、物悲しい灰色で豪雨やスノーを営業降らせます。巻雲(すじ雲)は、夏場の場合は青空が続きます。積雲(わた雲)は、おだやかで快晴だ。夕暮れに消えます。層雲(きり雲)は、地上に達すればミストだ。霧雨がたたきつけることがあります。巻積雲(うろこ雲)は、天候は下り坂になります。高積雲(ひつじ雲)は、巻積雲より雲の固まりが大きいです。層積雲(くもり雲、うね雲)は、豪雨は降らせません。聞いた事例の生じる雲の氏名が多かったですが、復習できて良かったです。金利 安い キャッシング