やっぱり野菜が安いってありがたいとしみじみ思う

昨年高騰していた野菜、冬になりようやく例年並みの価格になってきました。
レタスやキャベツなんかは高騰したままですが、それは今が旬ではないのでどうしようもないですし、無理に食べなくていいと思っています。
ありがたいのは、冬野菜である大根とか、葉野菜のほうれん草・小松菜が安くなってくれたことです。
栄養価も高いこれらの野菜がいつまでも高いままでは、本当に健康維持もままなりませんでしたから。
毎日たくさん野菜が食べられるようになったおかげか、お通じもまた快調になってきた気がします。
やっぱり野菜をたくさん食べるのは大切なことなんですね。
しかし、今までは多少の天候不順ではそんな長期間野菜の高騰が続くなんてなかったのに、昨年はどうしてあんな異常事態になってしまったのでしょう。
日本の農業のあり方について、今一度国やJAが考え直してほしいと願うばかりです。
TPP協定とか、外国のご機嫌をとったり、一部の企業を設けさせる政策ばかりとっている場合ではないですよ。http://www.magazineua.com/